DVD付きブルーレイ(Blu-ray)ってなに?

DVD付きブルーレイ(Blu-ray)ってなに?


最近はヒットした映画がブルーレイとして発売されるときは、なぜかDVD付きというものが多くなっています。

しかし、そのついているDVDというのは特典映像とかではなく内容はブルーレイ版とまったく同じなんです。

ブルーレイで見たい人はブルーレイ版を買えばいいし、DVD版で見たい人はDVD版を買えばいいだけで、わざわざセットで売る意味が今一つ分かりません。

メーカー側の説明としては、ブルーレイはリビングなどの大型テレビで見て、DVD版は寝室や車の中などで見るという使い分けを想定しているようです。


とはいえ、一般の人にとってこれは必要なことなのかな?という疑問は拭えません。うがった見方をすると販売単価を上げるための販売戦略なのではないのかという気もします。

皆さんにとっては意味のある販売方法でしょうか?



↓↓市場価値に基づいた査定申込みは下記からどうぞ↓↓



DVD事前査定買取
DVD簡単買取